読書メモ:2015年5月

禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本 枡野俊明

 この本を読んでみて、最近は少し日常生活が乱れていたなあと反省した。頭のてっぺんから尾てい骨まで一本ぴしっと背筋を伸ばす、食事の所作を美しいものにする極意は箸や器を大切に扱うということ、美点凝視、日々是好日、露、朝起きたら5分間は掃除をする等々、生活を整えていく具体的な知恵が分かりやすくまとめられていて大変参考になった。所作を顧みるということは、自らや周りの人、生き方を顧みるということにも繋がるんだよなあと。仏教が培ってきた智慧は、実践智なのだということがよく分かる本でした。

 

 

自滅する選択―先延ばしで後悔しないための新しい経済学 池田新介

 計画を立ててもその通り行動出来ないということは、自分もよく経験します。そうしたことって精神論で片付けらがちですけれど、そのことを時間割引という言葉で考えると、違った改善点や対策が見えてくるかもというのが本書の内容でした。自分で立てた計画があまりうまくいかないなあということがたびたびある人は、本書を通して自滅を招く考えの癖に気づけるかもしれません。

 

 

(この記事は、以前、読書メーターに記録していたものです。)

 

スポンサーリンク


コメントを残す