読書メモ:2016年8月

猟師食堂 田中康弘

 土地柄、鹿などは食べることもあるのですが、日頃いかないような全国各地で、料理人自ら、狩猟、調理、提供を行っている方々がいるということは、新鮮なことでした。特に、そういった方々が心の動きをともなって、日々仕事をし、ジビエの臭くて、固くて、高いというイメージを変えていっているということが面白かったです。また、ジビエへの好奇心旺盛な著者のような人がいるということも、また面白かったです。

 

 

ジョーカー・ゲーム 柳広司

 アニメが面白かったので、原作も手に取ってみた。やはり面白い。難しい本を読むのが疲れた時などにちょうど良い、娯楽としての読書にオススメの本。

 

 

(この記事は、以前、読書メーターに記録していたものです。)

 

スポンサーリンク




コメントを残す