スピーカーから出る自分の声への意識

縁あって札幌では、アカペラだけじゃなくて、ギターやドラムのいるバンドでも歌っている。
今まではそういう環境で歌ったことがなかったから、毎回発見がある。

今日スタジオ練習してて新しくみつけたのは、
バンドの人たちやひょっとするとライブで聴いてくれるお客さんも、
歌っている自分の声というよりは、
スピーカーから出ている自分の声を(も?)聞いているのだということ。

途中でそう思って、
歌っている自分の声だけで合わせようとするより、
他の人が聞いてるであろう「出力された自分の声」ってのも意識して、
音作りをしてみると、結構ハマってる感が増した。

この辺の感覚はもちょっとスタジオでやると、
変わってくるところかもしれない。


コメントを残す

CAPTCHA