忙しい人達でやるバンドの練習の工夫

音楽をやりたいと思っていざバンドを集めてみても、
実際には以下のような悪循環にはまってしまうことが多かった。
1. メンバーの予定が合わなくてあまり練習できない
2. 上達のスピードが遅いから達成感がなくてあまり面白くない
3. 練習に参加するモチベーションの低下

4. 1へ戻る

今回の練習では、少し工夫してみたところ、割と満足感あった。
何を工夫したかというと、
「これるメンバーで完成出来る曲をやる」

ということ。

なんかのパート不在での練習だと、
その他でいくらやっても完成出来ないので、
持ち曲数が増えていかない。
そうなると、練習だけのバンドになってしまうから、

モチベーションも下がっていく、と。

「これるメンバーで完成出来る曲をやる」という進め方の良い点は、
少しずつでも持ち曲を増やせること。
難点は、楽譜の準備や音取りなり練習なりの負担が増えること、かなあ。
 

コメントを残す