読書メモ:2016年11月

自分にいいことは、何でもやりなさい!  新渡戸 稲造、丹羽 宇一郎

 世俗的なところでいう喜びは、何かを達成したり、消費したりというところに起源があるのが常だけど、人が目指すべきところはそういうところじゃなくて、徳を重ねていくことで分かる喜び、だと。新渡戸稲造の修養をもとに著者の意見を重ねた本書は、凛とした気持ちにさせてくれる本だった。

 

 

(この記事は、以前、読書メーターに記録していたものです。)

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す