初めて民泊(airbnb)してみた

遠方に行く予定があったのではじめてairbnbを使ってみた。
airbnbは空き家や空き部屋を提供してくれる人と、
それを利用したい人を繋いでくれるサービス。
いわゆる民泊。

(滞在前)
airbnbのサイトから会員登録と泊まりたいところを選んで、
相手からオッケーが出たら泊まれる。
ただ会員登録をする時にパスポートを提示しないといけないのは少し面倒くさかった。
後あんまり翻訳は対応してなくて、
カスタマーサポートに電話したら英語だったのでびっくりした。
それ以外は簡単だし、提供する側と利用する側の距離感の取り方を調整してくれたり、
なんかあった際に保険をやっといてくれることなどは、特にありがたい。

(滞在時)
この部分はどんな人のところで滞在するかというので、大きく変わるはず。
今回自分が滞在させてもらったところでは、非常にホストに恵まれたので、
かなり快適に楽しく過ごせた。
まず写真をみて事前に予想していたよりも良い建物(と部屋)に通してもらって、
非常に快適だった。
また、ホストの方が非常に世話を焼いてくれて、朝ごはんを毎日作ってもらえた
(こういうケースは少数だと思う)。
しかもかつて料理屋さんをやっていた方だから、非常にご飯が美味しかった。
またホストの方がおしゃべり好きで、
朝ごはんの時とか夜ご飯の時に結構色々な話を教えてもらえた。
加えて同じ時期にちょうど他の国から来ている人も宿泊していて、
その人も交えて話をできて楽しく過ごすことができた。

(民泊のメリット・デメリット(個人的な感想))
メリット
・その土地に住む知らない他人との交流が出来て面白い。
・ホテルよりも安いところが多い。
デメリット
・ホストによっては鍵を渡した後は、
全然コミュニケーションしないとかもあるみたい。
・他人と生活するのが苦手な人は厳しいかも。

備考:誰かが住んでる空いてる部屋じゃなくて、
家とかアパートの部屋丸ごとをかりるということもできる。

その他のメリット・デメリットは自分でググってみてください。


コメントを残す

CAPTCHA