メモ:2Dで動物の行動を解析するときに使うフリーソフト

動物の行動量を測定したいときに、市販の動画解析ソフトを使用するのはお金の事情で無理だったので、フリーのソフトをいくつか試してみた。

 

試してみたのは、Mousemove、Tracker、Kinoveaの3種類だけど、最終的にKinoveaが一番良かった。

 

Kinoveaはもともと色々なスポーツでフォームを解析することを目的として開発されたソフトのようだ。動物の行動の解析という用途は、作った人は想定していなかったと思うけど、動画から目標物の軌跡をオートで抽出してくれたり、それを簡単に定量できたりする。

 

スポーツのフォーム解析のために作られただけあって、角度の変化の追跡、定量も自由自在だ。なによりインターフェースがしっかりしてるのと、動作環境が他のソフトほどうるさくないのが良かった。

 

そういうところがあるからか、色々な人がKinoveaの紹介や使い方の記事を作っているところも、このソフトの良いところ。なので、スポーツでフォーム解析したい人だけでなく、動物がどういう風に行動しているか解析したい人にも
おすすめです。

 

他の二つMousemoveは色々頑張ったけど、どうにもImage Jのマクロが止まってしまうし、Trackerはオートで軌跡を追跡するときの操作が煩雑なので、Kinoveaには負けてしまったというところかな。

 

Kinovea
https://www.kinovea.org

 

 

スポンサーリンク
トランスジェニック・ノックアウトマウスの行動解析 ジャクリーン・N.クラウリー

 





コメントを残す