「君の膵臓を食べたい」を観た。

久しぶりに映画館で、映画をみた。

おそらく高校生以来である。

 

見た映画は、「君の膵臓を食べたい」。
前から小説の存在は知っていて、
読みたいなと思っていたのだが、
なかなか読む時間が取れず、
読めていなかった。
そういうのもあったから、
この映画をみたいと思った。

 

自分が歳をとったせいだと思うが、
メインの主人公達というよりは、
主人公の親の気持ちが描かれているところで、
一番うるうるした。

 

思春期の描写が、
じれったかったり、
女の子の描き方が、
男の人が書いているなと分かるような様子だったが、

 

普段意識しない、大切な人が生きているということの不安定さや、
だからこそ、そういう人と一緒に過ごせる時間を大切にしないといけないな、

 

ということを再確認させる映画だった。

 


コメントを残す

CAPTCHA