アカペラのアレンジを外注してみた話

アカペラやりたい。
でも、なかなかアレンジする時間がない。
他のメンバーも、大体同じ状況で、
アレンジャーがいない。
 
じゃあ、どうしようか。
アレンジしてくれる人を探して、
お願いしよう。
 
という訳で、
ココナラ
Lancersを使って、
アレンジを外注してみた。
 
仕事をお願いしたい人と、
フリーランスの人を結びつけてくれる
こういうサービスというのは、
初めての利用だったので、
そういう意味でも、楽しかった。
 
1ヶ月くらい前からはじめて、
現在までに3人の方に依頼をした。
 
1人は現在進行中、
1人は完成済み、
1人は連絡取れなくなる、
というのが、現状の進歩だ。
(ちなみに、依頼金額としては、1000 ~ 5000円だった。この辺り、もう少し高い方が適切なのか、どうなのかよく分からない。。)
 
連絡を取れなくなった方とは、
ココナラというサービスでやりとりしていたのだけども、
このプラットフォームはよくできていて、
連絡が取れなくなったら、
ココナラ側から返金される。
なので、金銭的な損は発生しなかった。
(時間は損したけど、まあ今回は経験値になったかな‥。)
 
Lancersでやりとりさせて頂いた方は、
非常に丁寧で、結構難しい音も入ってる曲だったと思うんだけど、その辺りも誠実にやっていただけた。
 
この方にやってもらった楽譜を
少し直して、今度の練習では使っていこうと思っている。
 
少し直す、という作業が結局必要になるなら、
あんまり意味なかったんじゃないの?
と感じる方もいるかもしれないが、
感覚的には、
ゼロからやるよりは、10倍くらい早くなったので、
自分的には、少なくとも今回はオッケーという感じ。
 
細かいところとか、グループの好みがあると思うし、
完全に任せっきりでいけるのは、そうとうに仲の良い人にお願いしないと難しいのではないかと思う。
 
この辺り、プロのグループの耳コピとかをお願いするなら、
音感のある人にお願いすればいいのだろうけど、
アカペラ的に格好良いアレンジを期待するなら、
そういう経験値のある人をみつけないといけない訳で、
ここは、外注するときの難しいとこかも。
 
理想的には、
色々悩みながらアレンジしていくのが、
楽しいのだろうし、
それができるなら自分もそうしたいのだけど‥。
 
メンバーで忙しい人が多い、
でもアカペラ歌いたいよね、って状況の人、
また、アカペラ以外の趣味でも、
どうやったら時間をやりくりしながら
趣味を続けられるかなと、
悩んでいる方の参考になるかな、
と思い書いてみた。
 
…もう一つ加えてみるなら、
忙しくて、趣味を諦めてしまっているような人が
例えば外注などで、誰かの助けを借りながら
それを続けていくというのが一般的になれば、
それは新しい市場になるわけで、
その分、そういうことに秀でた人が、
その道で生きて行くことが易しくなる、
ということになるんじゃないか
ということも、
外注をしてみて感じたことだ。
 
Sponsored Link 
ココナラ


コメントを残す

CAPTCHA