タバスコ作りにも3年

今年ももう9月である。
今年変わったことも、変わらなかったところもいろいろあるけれど、
残りも頑張っていきたい。

さて、今年大きく変わったことに、
タバスコの使用量の増加がある。

だいたい月2本ペースなので、
今年は約20本使った計算だ。

味に少しパンチがないかな?
というときに、タバスコをついついかけてしまった結果、
これくらいの使用量になった。

そういう話を同僚としている時に、
タバスコってどうやってつくられているんだろう?
という話になった。

そして調べてみて驚いたのだが、
wikipediaによると、
タバスコは、3年の熟成期間+αの期間が必要らしい。

タバスコ – wikipedia
タバスコの作り方(日本語、ウェブページ)

タバスコの作り方(英語)

何気なく買って、
どんどん使っていたが、
こんなに手間のかかる調味料だと知って
非常に反省した。

また、そんなに手間のかかるものが、
200円前後という安価な値段で、
スーパーやネットで普通に買えることに少し感動を覚えた。

(というか、植物を育てる時間を含めて考えてみれば、
他の食品でも、それくらいの手間をかけられているものもあるわけだが)

一方で、検索してみると、
タバスコ(タバスコは商標登録された名前なので、正確にはホットソースか)の
自家製レシピなどもあって、
こっちは簡単に作れるものもあるよう。

一度、本家タバスコと自家製タバスコで、
食べ比べても面白いかも知れない。

Sponsored Link









コメントを残す