グルメ、福岡:鳳凛のとんこつラーメン

先日、博多に初めて滞在した。博多駅周辺では、ハイクラスなホテルしか空いていなかったので、天神駅周辺のホテルに予約したのだが、ご飯屋さんを探すために食べログをみてみると、たまたまその近くに美味しいラーメン屋さんがあるということだったので、食べに行った。

らーめん屋 鳳凛は、夜の12時を過ぎていても人が沢山入っていた。店内は、清潔感とこの時間にもか関わらず、活気があって、これが博多のラーメン屋さんか!と、面白い。

メニューには幾つかのラーメンがあったものの、一番シンプルなとんこつラーメンを注文。

程なくして、ラーメンが到着。

 

端的に、感想を言うなら、こんなに美味しいとんこつラーメン食べたことなかった!だ。

とんこつラーメン、特に九州のラーメンは、これまで他県に出店しているお店のものしか食べたことなく、また、いろんな人の話を聞いていたせいで、濃厚なラーメン、というイメージがなんとなくあった。しかし今回は、良い意味で覆された!口に入れたときに広がる脂の美味しさからスタートして、油が通り過ぎる頃には、若干の甘さ、そして、飲み込むときには、するっと、収まるようなスッキリ感のあるスープ。ちょうど、子供の時に遊んだ、シャボン玉を思い出す。息を吹き込むと、シャボン玉が膨らんでいって、最後には割れる、その一連の面白さを楽しむのがシャボン玉遊びであるように、スープが口に入ってから、最後に飲み込むまでの間に、いくつものドキドキ感がある、面白みのあるスープだ。

また、辛味を加えてスープを味わうことで、不思議と奥行きが増していき、美味しさの森に時間を忘れてしまう。

麺も美味しく小麦の味が小気味良い。茹で加減をかなり固めにオーダーしても、全然嫌な感じがしない。複雑さを楽しむスープに対して、こちらはシンプルさを楽しむ遊びということか。

今回の感想と疑問を挙げるなら、以下の点だろうか。
1. 機会があればまた行きたい。
2. 水の硬さとか気にしてるんだろうか?
3. スープの若干の甘さは、何に由来するんだろ?

これまで教わってきた博多ラーメンは、高菜や紅生姜を入れて、それを食べながら、楽しむものというふうに覚えていたが、本格派は、そんな小細工などしなくても、進むことのできる王道を、教わった思いだ。


お店へのリンク

らーめん屋 鳳凛


Sponsored Link







コメントを残す