水前寺成趣園の湧き水復活感謝デー

熊本に引っ越してきて、時間があったので、ぶらついてみた。

ちょうど水前寺成趣園にて、湧き水復活感謝デーというのをやっていて、
普段は400円の入場料が、無料になり、色々な方のコンサートもあるということだったので、そこに行った。

こちらの庭園は、約400年前に細川忠利が始めたお茶屋さんにルーツがあるそう。wikipedia先生によると、最盛期には150万人程度の観光客が来ていたそうだが、現在は40万人程度だそう。

入ってみると、非常に美しい庭園。庭園を語れるほど自分自身に教養がないのは残念だが、中央の小池とそれを取り囲む路が、きれいに手入れされていて、心休まる。

熊本大地震で、こちらの池の水が枯れてしまったそうで、その後勇士の人が溜まった砂利を取り除くことで、約1ヶ月後には、水がまたたまり始めたそうだ。

今回の湧き水感謝デーは、そのときの感謝と、地震やその時に助けてくださった方の恩を忘れないように、やっていこうという趣向で行われているそうだ。

成趣園内では、熊本大地震の時に、その他のところで損傷した箇所や、それをどう復興していくかの予定図や、復興の現状を伝えた写真展も行われていた。

成趣園と、成趣園に並列している出水神社を歩いていて、神社なのに、鳥居がないなというところや、灯篭がとても新しいなと感じていたのだが、その写真展を見て、灯篭や鳥居が崩れてしまったということを知り、ここにも地震の影響や、復興が今まさにまだ進んでいるところなのだなと知ることが出来た。

Sponsored Link




コメントを残す