気になったネット記事まとめ:6月第2週 (6/3 ~ 6/9)

Websiteの200個くらいの定点観測から、カテゴリごとにいくつかピックアップして、一言二言付け加えてます。今週のカテゴリは、教育、社会、テクノロジー、医学・サイエンス、ビジネス、マインドセット。

 

教育

1. 部活動の制限と、子供の健康

– 部活動って、子供の睡眠時間を圧迫しているっていう面もあるし、がむしゃらにやればいいってもんでもないだろうな。って、そんなことは言うまでもなくて、進んでる学校とか現場の先生なら、その辺もすごく考えてやられてると思うんだけど、その辺どうなんだろ。

 

2. うまくいかなかった時に、どうあるべきか

– 失敗をどう活かすかってのは、大事なこと。真似しよ。

 

3. 飛び入学」導入20年、卒業生9割が大学院へ
– 飛び級で入ったから、大学院への進学率が上がったのか、飛び級で入って、特別なプログラムを受けることができたから、大学院への進学率が上がったのか、どっちなんだろ。

 

4. 病気を持った子供に何ができるか、一つの例。

-子供に何かを教えるということの、一つの形。

 

 

社会

1. アジアのプラスチックごみ問題、広がる海洋汚染危機

– 大きいものもそうだけど、マイクロプラスチックの問題。海をしっかりみる人がいて、問題提起をする人がいて、それに山道する人が増えれば、そのあとに社会が変わってくるはず。

 

2. 京都市における晴れ着の貸し出し

– 京都ではないと思うけど、はれのひ問題でも、晴れ着を貸出してるところとかあったけど、困っている時に助け合う文化が、自然と出ている業界ってすごい。

 

 

テクノロジー

1. 脳波であらすじが変わる映画、英映画祭で公開へ

– とても面白そう。何パターンか用意されていて、そのどれかに分枝するということだと思うけど、そのうち、もっとパーソナライズされたストーリーが、出てくるとかってこともあるんだろうか。アニメメーション映画なら、そういう未来もあるんじゃないか。

 

 

医学・サイエンス

1. 6月5日:記憶のいい高齢者の秘密(Frontiers in Aging Neuroscience5月号掲載論文)
– たった一つの遺伝子に違いが集約されていくというのは、非常に面白い結果だと思った。

 

 

ビジネス

1. 仕事の基本はシンプル。「変えろ・決めろ・逃げるな」「正しいことを正しく」松本晃カルビー会長(後編)
– わかりやすい。色々なことに通づると思う。

 

2. 休めば休むほど、捜査効率アップ——警察組織が働き方を見直した本当の理由とは
– 警察というと、すごく保守的な組織、という固定観念あったけど、そういう改革もどんどん取り入れていっているのか。

 

3. ペンタゴンとの契約でグーグルに大きな亀裂 —— 問われるAIの軍事利用
– 雇い主に対して、強く意見を言えるだけの実力を持った人たちが多いから、こういう動きになるんだろうか。もしくは、文化の違いだろうか。日本で、同じようなことが起きた時に、どれくらいの人が、会社を去る覚悟を持って、正しいと思うことを貫けるんだろうか。ドイツの教育は、最後の一人になっても、正しいと思うことを主張し続ける人の育成を目指す、ということが何かの記事で書かれていたことを思うけど、今の日本の政治とかみてると、そういう精神って、どこにいても大事だよなと思う。

 

 

マインドセット

1. 84歳男性、お化粧学ぶ 妻のためにと
– 愛情の示し方の一例を学んだ。

 

2. バタコさんを演じるシングルマザー、幸せの合い言葉は「すっぽんごろりん」
– 窓辺のピクニック、と咄嗟に言えるような、ポジティブに生きるためのセンスって、学ぶのは難しいけれど、知っておいたほうが、断然良くなることの一つだと思う。

 

3. 永平寺七十八世 宮崎奕保禅師
– 自分の生活が、緩んでいないかの指標として、厳しい修行をしている人たちの話を聞いたりすることがあるのだけど、そういうことをしている時に知った方。お話している動画を見ると、背筋がのびます。

 

Sponsored Link





コメントを残す