気になったネット記事まとめ:8月第3週 (8/12 ~ 8/18)

教育

1. 医学部の授業料無料化

– アメリカでも大学の授業料の高騰が問題になっている中で、このような動きが出てきた。財源はやはり寄付で賄うのだろうか?どれくらい続けられるのか、今後注目だ。

 

2. 生まれ月による学力差
– こんなことは考えもしなかったが、知っている人にとっては常識なようで、出来る先生はこの辺りにも気を配りながら、教室運営をしているらしい。

 

 

医学

1. 数百万人に実施された母体血を利用した胎児の染色体異常診断
– 血中のDNAを利用した診断法の開発は、がんに限った話ではないという例。

 

2. 世界初、米国で米Alnylam社のsiRNA医薬「ONPATTRO」が承認獲得
– コンセプト自体は、昔からあったと思うけど、色々な困難をくぐり抜けて、siRNA医薬がとうとう誕生。単にsiRNAを体に投与しただけでは、分解されてしまうと思うし、何かしらの工夫がされていると思うんだけど、この薬ではどういう工夫がされているんだろう。

 

 

テクノロジー

1. 農業の自動化を推進する中国 ── 2億5000万人の仕事がなくなる?
https://www.businessinsider.jp/post-172966

– すごい時代だ。

 

 

社会、ビジネス

1. タイでの生活は本当に安いのか?

– アジアと日本の差はどんどん埋まっているし、追い越されているし。

 

2. 「変なホテル」が“無人化”に取り組む本当の理由 —— 地方都市で挑む世界最先端
– 面白い。ハウステンボスのロボットホテルの話。テーマパークだからこそ、こういうことを試しやすいって発想はあるのかも知れない。

 

3. シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
– やってしまった法人の人たちは、その後どういう対応をとったのだろうか。

 

 

マインドセット

1. 「将来独立します!3年くらいリクルートで修行します!」という若者がいつまで経っても独立しない問題。
– 思い立った日が吉日。

 

2. 給料の最初の交渉の重要性

– そういう発想は持ったことがなかったので、へぇーと思った。

 

 

ユーモア

1. 1991年からサザエさんのじゃんけんの手だけを記録して研究発表した同人誌の狂気がやばい「最後の最後であふれる強者感」
…すごい情熱だ。

 

2. サッカーチームのチームメイトへの支援

– どういう職場でも、仮に同じような境遇のチームメイトが出たら、どういう支援ができるだろうか、と考えておくのは、有益だろう。

 

 

動物

1. アラスカの道路で遭遇する動物

– すげえ。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す