中国料理儷郷の麻婆豆腐 (熊本県熊本市)

テレビや口コミなどで前々から良い評判を聞いていた、儷郷に行った。

味噌天神の近くにあり、水前寺駅からも徒歩5分くらいの場所にある。


休日の昼間ということもあり、何組か待っているお客さんがいた。

しばらく待って通してもらったのち、席に案内された。

ランチではランチコースと定食ランチメニューがあった。

定食ランチメニューは、エビの生姜ソースがけ、若鶏の四川風炒め、モンゴウイカのチリソース、麻婆豆腐、天津飯、五目野菜スープそばの中からメインを選ぶ形式だった。


今回は定食ランチメニューの麻婆豆腐を注文。

注文時、「麻婆豆腐は辛いけど大丈夫ですか?」と確認された。

待っている間、なんとはなしに店内を眺めていると、高齢の方がとても多いことに気づく。なんとなく料理への期待値も高まる。


注文してからそんなに時間が経たないうちに、セットのサラダとご飯、スープが届く。

サラダは良心的なボリュームだ。

そのうちに麻婆豆腐も到着。鉄皿にのせられた熱々の麻婆豆腐である。かけられている山椒の香りが良い匂い。


食べ進めてみると美味しいのだけれど、言われた通り少し辛い。ただこれ以上辛くなったら食べられないかなーというところの、ちょうど良いからさだった (写真は撮り忘れた)。



なかなか良いお店だなと思って、帰るときに、ふと他のテーブルを見てみると、おそらくエビの生姜ソースがけを頼んだのだと思うが、少量のエビが野菜の上に乗っている、というものが運ばれている人がいた。ちょっとあの量だと物足りなさそうだなと感じた。どのメニューが満足感あるのかは、研究が必要かもしれない。



余談だが、食事をしているときに、近くのテーブルでお店の人と老夫婦の方が会話をしていた。

旦那さん「こちらのお店はどれくらい続いてるんですか?」

店員さん「昭和63年からなので、もう30年近くになりますね」

旦那さん「ほぉーそれはすごいですね。」

店員さん「ええ、お陰さまでなんとかやっております」

これを聞いていた奥さんが一言。

奥さん「あなた、いつもお店をはじめた日を聞くわねぇ。」